高校3年生の思い出

高校3年生の思い出

私が卒業した高校は、就職が有利になるために高校3年生になると車の免許が取りやすい高校でした。
その時は4月生まれの友達が羨ましく思ったものです。
休憩時間になると、車の情報雑誌やパンフレットなどをだしてどの車がいいかなど、車の話で盛り上がります。
また教習所の話題も多くなり、仮免や試験のことなどで賑わいます。
特に男子はモテるためにも、車には真剣になります。
仮免に落ちたら笑い者になるのでみんな必死でした。
そして、どんな車に乗るかも大きなモテ要素でした。
練習の時には親の車を使う人がほとんどなので、誰かに見られたくない場合もあります。
田舎では車にお金を使う家庭が多いので、子供に新車を買い与える家庭も多くあります。
また就職して自分でお金を貯めて買う人もいます。
3月生まれの場合、一番遅いので悔しい思いをしていた人が沢山いました。
そして、念願の免許を取得した時には、必ず海へドライブすることがお決まりでした。
彼女を誘ったり、友達とわいわい行ったりと素晴らしい思い出です。
車の運転中にクラスメイトと車ですれ違ったりするので、嬉しいような恥ずかしいような気持ちになります。
とても懐かしい思い出です。