防災訓練の必要性

防災訓練の必要性

ここ数日、台風の影響で降った大雨の影響で、各地で数十年来見たことのないような河川の氾濫がありました。
避難が義務づけられるレベルの警報が発令され、着の身着のままで避難場所へ来られた方々がほとんどでした。
さて9月は防災訓練が各地で開催され、官公庁による本格的な実演を見たり、実際に参加することができました。
自分は所用で行けなかったのですが、地元でも消防や自衛隊などの訓練の実演をイベント形式で見学できたようです。
だから今回の災害はいきなり訓練の本番に近いことになりますが、避難場所の方々は、はたして訓練に積極的に参加されていたでしょうか。
行けなかった自分は今回の災害を見て、少しでも見に行けばよかったと後悔しました。
もし自分の身に、家に災害がふりかかったとしたら、「後悔先に立たず」を実感したでしょう。
歯が白くなる歯磨き粉

 

訓練に参加すると、まず、ご近所にどんな方々が住んでいるか、お互いの顔を確認することができます。
この人がどういう作業ができるか、能力をお持ちなのかを把握できます。
今まで見たことしかなかった防災用具の使い方を学ぶことができます。
もし防災訓練に参加していたら、もっと落ち着いて迅速に行動できていたかもしれません。
乗っている車が水没したあとでは、遅いのです。
1年に1回とはいえ、防災訓練には積極的に参加、見学するべきだと痛感しました。
ご近所の方々や知人にも勧めるつもりです。